AWSでElastic IPアドレスを開放していなかったばっかりに損した話

published: 2021/8/26 update: 2021/8/26

Table of Contents

何が起こったのか

(2019.10.20の記事です。)

最近クラウドが大流行りなので、ちょっとだけAWS試してみるかと思って試していました。 Elastic IPをとってEC2インスタンスを起動して簡単なPythonのWebアプリを動かして満足していたんです。

遊び終わったので、EC2インスタンスを停止して放置していました。 あまりクレジットカードの請求書とかを見ないので、3,4か月くらい放置していたんですが、なんとなくクレジットカードの請求書を見るとAWSから請求が毎月来ていました。 結論から言うと、Elastic IPを開放していなかったために起こってしまった事故でした。 気を付けていないと謎の請求が来るAWS、皆さんも気を付けてください。

請求を見たときの筆者

おかしい、EC2インスタンスは無効にしたはず、と思って請求書を急いで確認しに行きました。 そうすると請求書のElastic Compute Cloudにこんな文字列が...

$0.005 per Elastic IP address not attached to a running instance per hour (prorated)

AWSの料金体系の確認

AWSの料金体系は複雑怪奇で知られているようなので、料金説明ページのそれらしい部分を探しました(EC2の料金説明ページ)。

Elastic IP アドレス 実行中のインスタンスに関連付けられた Elastic IP(EIP)アドレスを無料で 1 つ取得できます。追加の EIP をそのインスタンスに関連付ける場合は、追加の EIP 毎に時間当たり(プロラタベース)の料金が請求されます。追加の EIP は Amazon VPC でのみ利用可能です。 Elastic IP アドレスを効率的に使用するため、これらの IP アドレスが実行中のインスタンスに関連付けられていない場合や、停止しているインスタンスやアタッチされていないネットワークインターフェイスに関連付けられている場合は、時間毎に小額の料金をご請求します。Bring Your Own IP を使用して AWS に持ち込んだ IP アドレスプレフィックスから作成する Elastic IP アドレスは無料です。

重要なのはこの部分。停止しているインスタンスにElastic IPを関連付けていると請求が来るらしい。インスタンスを停止しているとむしろ請求が来るタイプでした。

Elastic IP アドレスを効率的に使用するため、これらの IP アドレスが実行中のインスタンスに関連付けられていない場合や、停止しているインスタンスやアタッチされていないネットワークインターフェイスに関連付けられている場合は、時間毎に小額の料金をご請求します。

Elastic IPアドレスの解放

  1. AWSコンソールでEC2を選択
  2. EC2インスタンスを起動していたRegionに移動
  3. Elastic IPを選択
  4. ナビのアクションからIPアドレスの解放を選択

という手順で解放しました。 今解放したので今月分も多少請求されてしまいましたが、きっと来月からは謎の請求がなくなってくれるはずです。

今日の教訓

AWSを利用するならちゃんと料金体系を読んでおきましょう。読むものが多すぎるからといって読まずにいると損をします。

記事に間違い等ありましたら、お気軽に以下までご連絡ください

E-mail: illumination.k.27|gmail.com ("|" replaced to "@")

Twitter: @illuminationK

当HPを応援してくれる方は下のリンクからお布施をいただけると非常に励みになります。

Ofuse

Other Articles

Site Map

Table of Contents

    何が起こったのか

    請求を見たときの筆者

    AWSの料金体系の確認

    Elastic IPアドレスの解放

    今日の教訓


当HPを応援してくれる方は下のリンクからお布施をいただけると非常に励みになります。

Ofuse
Privacy Policy

Copyright © illumination-k 2020-2021.