TL;DR

Next.jsをGoogle App Engine (GAE) で動かすまでの記録。CloudflareはAMPページがなんかエラーしたので一旦やめておいた。

要件として、以下が欲しかった。

  • Github連携で、push/prなどでデプロイ
  • Webhookでcurlなどでデプロイ

ということで、Cloudbuildにトリガーを作ってGAEにデプロイすることが目標。

GAEにデプロイ

とりあえず動くようにしたいので、まず設定ファイルを書いてデプロイする。 個人ブログを載せるだけなのでできるだけ無料枠で収まってほしい。一応予算アラートも設定しておく(【クラウド破産の回避術】Google Cloud (GCP)の予算アラートで安全なクラウド運用を実現!)。

設定については以下のサイトを参考にした。

app.yaml
env: standard

runtime: nodejs14
instance_class: F1

service: default

handlers:
  - url: /_next/static
    static_dir: .next/static
  - url: /(.*\.(gif|png|jpg|ico|txt|svg|webp))$
    static_files: public/\1
    upload: public/.*\.(gif|png|jpg|ico|txt|svg|webp)$
  - url: /.*
    script: auto
    secure: always

default_expiration: "12h" # 静的ファイルのキャッシュ期間

env_variables:
  NODE_ENV: "production"

automatic_scaling:
  target_cpu_utilization: 0.95
  target_throughput_utilization: 0.95
  min_idle_instances: 0
  max_idle_instances: 1
  min_instances: 0
  max_instances: 1
  min_pending_latency: 5000ms
  max_pending_latency: automatic
  max_concurrent_requests: 80

gcloud経由でとりあえずdeployしてテストしておく。.gcloudignoreはnode用のファイルが自動で生成される。coverageなどの不必要なファイルを書き込んで置きたい。

gcloud app deploy app.yaml --project $PROJECT_ID

この時点で、権限を設定する必要があった。以下の権限を最終的に有効にした。

  • AppEngine (GAEにデプロイするときにそもそも必要)
  • SecretManager (Webhookのシークレット作るときに必要)
  • Service Accounts (CloudBuild経由でデプロイするときに必要)

CloudBuildの設定

設定ファイル

cloudbuild.yaml
steps:
  - id: install packages
    name: node:14
    entrypoint: yarn
    args: ["install"]
  - id: build
    name: node:14
    entrypoint: yarn
    args: ["build"]
  - name: gcr.io/cloud-builders/gcloud
    args: ["app", "deploy", "app.yaml", "--project=$PROJECT_ID", "--quiet"]

cloudbuildでは、変数を書いておくとよしなに置換してくれる機能がある。今回はデプロイ先を自動で置換してもらえるように$PROJECT_IDを使用した。 詳細は、変数値の置換を参照。

また、nodeのバージョンなども、node:${version}という形式で指定できるので、一応指定した。

Cloud BuildとGithubを連携

Google Cloud BuildというGithub Appを連携させる。

そのあと、プロジェクトのRegionと関係なく

"global" regionでトリガーを作成し、Githubの該当レポジトリと連携させる。

同一リージョンなら行けると思っていたが、FAILED_PRECONDITION: generic::failed_precondition: no concurrent builds quota available to create builds.というエラーが出てしまった (参考)。

あとはpushするなり、手動でトリガーを起動するなりして動くかチェックする。あと、Service Accountsの権限がないとここでエラーした。

Webhookでのトリガー作成

webhookを選ぶだけ。シークレットキー作成する必要があるので、SecretManagerの権限がいる。-dでボディを明示しないとエラーになる。

curl -X POST -d '{}' $preview_url

記事に間違い等ありましたら、お気軽に以下までご連絡ください

E-mail: illumination.k.27|gmail.com ("|" replaced to "@")

Twitter: @illuminationK

当HPを応援してくれる方は下のリンクからお布施をいただけると非常に励みになります。

Ofuse

Other Articles

Site Map

Table of Contents

    TL;DR

    GAEにデプロイ

    CloudBuildの設定

      設定ファイル

      Cloud BuildとGithubを連携

      Webhookでのトリガー作成


当HPを応援してくれる方は下のリンクからお布施をいただけると非常に励みになります。

Ofuse
Privacy Policy

Copyright © illumination-k 2020-2022.