HEADの種類

名前意味
HEAD最新のコミット
ORIG_HEAD最新のコミットの1つ手前
FETCH_HEADリモートブランチの最新のコミット
MERGE_HEADMERGEした対象の最新のコミット

小技

git push origin HEAD

すれば現在のブランチをpushできて嬉しい。

特定のコミットに戻す

  • ${hash}: 特定のコミット
  • ${dirname}: ディレクトリ名
  • ${file_n}: ファイル名
# 全体
git checkout ${hash}

# 特定のディレクトリ
git checkout ${hash} ${dirname}

# 特定のファイル
git checkout ${hash} ${file_1} ${file_2}

reset系

# add取り消し
git reset --mixed HEAD
# commit取り消し
git reset --soft HEAD^
# 直前のcommitの削除
git reset --hard HEAD^
# commit後の変更取り消し
git reset --hard HEAD
# 直前のresetを取り消す
git reset --hard ORIG_HEAD
# remote branchのHEADで上書き (間違ってamendしてpushしたときなどに)
git reset origin/${branch_name}

reflog

git resetを間違えてしたときに便利なサブコマンド。reflogHEADが指しているcommitのリストで、ローカルでのみ保存される。reflogはデフォルトでは直近90日で削除される。local特有のものなので、リモート側では保持されていない。

git pushがフリーズ

unset SSH_ASKPASS && unset GIT_ASKPASS

git credentialsのreset

--local, --systemあたりは任意で変更。

git config --global --unset credential.helper

現在のbranch名の取得

git symbolic-ref --short HEAD

記事に間違い等ありましたら、お気軽に以下までご連絡ください

E-mail: illumination.k.27|gmail.com ("|" replaced to "@")

Twitter: @illuminationK

当HPを応援してくれる方は下のリンクからお布施をいただけると非常に励みになります。

Ofuse

Other Articles

Privacy Policy

Copyright © illumination-k 2020-2022.